April 27, 2008

Niagaraの臨場感を♪

静止画ではなかなか大波感じやジェットコースタ轟音などの臨場感が伝わらないので・・・汗
YouTubeのMy動画からココに貼ってみましたにっこり



いきなりフレームの中に入り込んできて愛嬌を振りまいている水色のジャケットの女性がケサマさんウインク   

Posted by Dora at 10:19Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

April 26, 2008

Niagara Falls

サクサクUpを続けましょう音符

さて、順調にQEWを走り、途中素晴らしい眺めのHamiltonで、またしてもハイウェイから下りそうな気配を察知したケサマさん、

ナイアガラは真っ直ぐだょね?

ハィ、素直にナイアガラへ向います汗

世界的にも有名な観光地のナイアガラの滝。

周辺はけっこう渋滞しているのだろうと思いながらハイウェイも終点。

下道になり滝の周辺になっても渋滞どころか拍子抜けするほど道路は閑散。

オィオィ、名前はナイアガラでも、あのナイアガラと違う滝かもはてなしれないぞって疑っているうちにカナダ側の滝に最も近い公共駐車場に到着音符
12c904f9.jpg


ここは滝の上流になり、滝そのものはまだ見えませんがお腹にひびく轟音は聞こえますびっくり
ca9f2c33.jpg


歩いて近付いていくと・・・
c15f13bd.jpg


真っ青な空から霧雨が雨
その雨は、滝壺から舞い上がるこの水煙でした困った
9682e83d.jpg


いやぁ?、周囲があまりに閑散としていて疑いましたが、あの有名なナイアガラの滝でしたにっこり
d25833e2.jpg


この対岸はアメリカで、遠く右川に見える滝がアメリカ滝で、カナダ側の滝に比べるとかなり小振りですが、それでも日本の滝のスケールとは桁違いまる
01e48630.jpg


何か比較するものがないと・・・ちょうど滝の右側に見えている黒い粒々が人間ですにっこり
68d42518.jpg


カナダ側に引いてみると、手前の車や人の大きさから全体の大きさも想像出来ます。
7abb94b0.jpg


さて、地上からの滝は十分堪能したので、今度は滝の裏側へ足跡

エレベータで一気に地下へ降りて狭くて暗いトンネルに入ります。
その所々に滝に向って穴がポッカリ空いていて・・・・
e87b5fc2.jpg


こんな景色が見えますが・・・
轟音と飛沫だけ汗
0d374828.jpg


帰りのエレベーターで、偶然に我々二人とオペレーターの三人になったのでちょっと

『このエレベーター以外に、どこから地上に上がれるのはてな

なぁ?んて質問を投げ掛けてみたら・・・


オペレーターさん、

『このエレベーターだけが唯一の地上に出られる手段で、他にはないょびっくり

『故障しても、きっと直ぐに修理出来るしね』

『それでは停電したら・・・はてな

『自家発電もある

『それじゃ?、故障したら地上に戻れないじゃないショック

それを聞いていたケサマさん、

『うっそ?びっくり、早く地上に上がってびっくり

って、エレベーターの中で叫んでましたにっこり


さて、滝を堪能した後は、ロコの方々から、もしナイアガラに行くんだったら必ず寄ってきなさいねって間違いなく言われてしまう場所、Niagara-on-the-Lakeの街へ自動車ダッシュ   
Posted by Dora at 23:47Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

Casa Loma, そしてOntario湖

さぁ、記憶が薄れないうちにUpしましょう汗

さてこの日はポッカリ空いた休日、絶好の行楽日和太陽となりましたOK

前日に、一緒にシカゴから同行しているケサマさんからも『どこかに出掛けようょびっくり』と言われていたので、どこに行きたいって聞いたら 『ナイアガラの滝』だそうです。

場所はOntario湖を挟んでちょうど対岸、トロントから車でハイウェイで1時間半程度らしいので、朝9時にロビーで待ち合わせをして出発自動車ダッシュ

途中、100年程前のトロントの名士の自宅、Casa Lomaに立寄りました。

一見とても暖かそうに見えますが、気温は4?5℃で周囲に残雪の山が残り少々寒かった。
c32a429f.jpg


右下のケサマさんがちょうどよい比較対象ですが、100年前の個人の家としてはかなりの大きさ汗
f59dc3fc.jpg


お金を払って中に入ると直ぐ、昔のトランシーバーのような装置を無料で貸し出していて、オンデマンドで各部屋毎の解説を詳しく聞くことが出来るので、しっかり楽しめましたOK
b8b1d92a.jpg


3階から先は狭い螺旋階段を上がり、この家で最も高い搭の最上階からトロント市街地を眺めます。
6cd8feef.jpg


さて、2時間掛けてじっくり見学した後は、ナイアガラに向けて出発音符
ケサマさん、今回のレンタカー(日産のアルティマでした)の中でナビをセット中にっこり
bc5f77fa.jpg


五大湖の一つ、オンタリオ湖。
その青く輝く湖面を眺めながら車を走らせます。
2d8d7460.jpg


やがて江ノ島から平塚の間(ローカルな例えですいません)のような気持ちの良い道を快走していき・・・・、うぅ?ん西湘BPの料金所とか出てきちゃいそうな雰囲気だなぁ?なんて苦笑しながらどんどん進んでいくと・・・
0e37a4e0.jpg


やがて、ふと目を移したサイドミラーの中に、大きなトロント市街のCNタワーを発見注意

思わずハイウェイから一般道に下り、湖畔に車を停めたので何事注意、って驚いていたケサマさん。

事情を説明すると大笑い汗
そんな彼女を横目にパチリとCNタワーをにっこり
e2230057.jpg



概ね140km前後で流れる車の流れにのり走っていくと、トロントから40分も走ると周囲は視界いっぱいに遮るものなく広がる私好みな景色となってきました。
44c7da57.jpg


さぁ、ナイアガラまではあと1時間くらいかな自動車ダッシュ   
Posted by Dora at 18:10Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

April 19, 2008

CN Tower&トロントでベトナム料理

トロントからの移動先、田舎町ブラントフォード(Brantford)のモーテルで契約しているサーバーが生憎とダウンアウトしているとかで、ネットにアクセス出来ない日が続き、うぅーん・・・仕事先からUpする手もありましたが完璧に各PCからのアクセス先はレコードされているのは間違いないだろうから、ブログへのアクセスはご法度ですダメ

更新が出来ないまま・・もぅ帰国国旗完了しちゃいました祝 さぁ、溜まった画像をUpするかぁにっこり

トロントのランドマーク、CNタワー足跡
このタワーは、1976年から昨年まで、自立式建造物で世界一の高さを誇っていて。 その高さは553mと333mの東京タワーを遥かに凌ぎます。

既に東京タワーより高い350m付近にレストランや屋外展望台などの3回構造の大きな建造物があり、地上447mには世界一高い展望台・スカイポッドがあり、今回目指すのは、このスカイポッドですにっこり

トロント市街は日本の都会と同じで、バスや地下鉄、そして路面電車が走り、車を置いての移動が楽です。

先ずは地下鉄でタワーの近くのUnion駅まで移動。

1回乗ると一駅でも終点まで乗っても均一料金の2.75CAD。
駅には改札口のそばにポツンとTokenを5枚か10枚買える自動販売機が一台置いてあるだけです。

往復乗ると一人5.5CAD。

ケサマさんも一緒なので、二人で11CADならトークン5枚を自販機で割安に10.5CADで買おうかなぁ?と悩んでいたら、近くにいた素敵な女性が、

『1枚で二人一緒に使えるディパスが8.5CADで使えて便利だょ』って、横から教えてくれましたにっこり

でそのディパスってどこで買うのか聞く前にその方は改札の中に・・・・初心者
日本で見る切符売り場等はないので、お兄さんが一人、改札の前にあるガラス張りのブースの中にいたので取り敢えず聞いてみたら、そこで買えましたOK

早速、改札口を抜けて地下鉄のホームへ走る行くと、ちょうど良いタイミングで電車が入ってきましたにっこり
84ee1435.jpg


車内はご覧の通りで、中々明るい配色。
何か違和感を感じていたら・・・そう、吊革がないんですょびっくり
a418a360.jpg


目的のUnion駅に到着して地上駅に上がると・・・映画に出てくるような立派な駅舎に感激音符
0758a3c0.jpg


駅の外に出ると、そこにはCNタワーが見えてましたウインク
e5f7b5ac.jpg


生憎の雲雨霧雨の降るような空でしたが、目指すは途中にある大きな展望台の更に上、木の節のように丸く膨らんだような形に見える地上447mの世界一高い場所にある展望台スカイポッドへ音符
5bc64f48.jpg


こんな天気なのが功を奏したのか、中はガラガラOK
アッと言う間にエレベータを乗り継いでスカイポッドに到着ですクラッカー
9edd22cb.jpg


トロント市街の中心部を見下ろす高さに感激びっくり
こんな天気でしたが、意外と雲は高くて視界も中々良好です。
981a22ef.jpg


ケサマさん、少々高所恐怖症気味で手すりから手が放せずにいましたが、まぁ、この笑顔なら笑顔
7511c909.jpg


さて、世界一の高さを楽しんだ後は夕食ですが、この日は洋食に飽きてきた頃で、ケサマさんからスパイシーなアジアンフードが食べたいけど、インド料理は嫌いダメとの我侭なリクエストをベースにYonge Stを北上足跡
途中で見つけたベトナムレストランに決定料理

ケサマさんは、チキンのPhoを注文。
私は、豚肉を甘辛いソースで漬込んで下ごしらえしたものをパリッと揚げた料理。 美味しかったのですが残念ながら名前を忘れちゃいました汗

そして横にはカナダのメジャーなビールメーカー、Molsonのボトルビアにっこり
647ea8c3.jpg


ケサマさんはアルコールが駄目ですが、甘いものには目がないウインク

Phoの後にニコニコしながらデザートをオーダー、何やらアイスクリームはいらないとか、四つに切ってとか・・・細かく注文していたけど?と思っていたら、テーブルにやって来たのは巨大なフライドバナナ汗
c0d5b6b6.jpg


彼女の母国タイでもメジャーなデザートなのだそうで、アメリカに来てからは中々食べれなくて、超・久し振り音符って喜びながら2本をペロリにっこり

残りの二本は私が食べる分とか・・・・注意
オィオィ、こんなカロリーの高さそうな物、食事が終わってから食べれるかぁ?って一口食べたら美味いじゃないですか電球

流石に二本は無理でしたが1本はしっかり胃袋に汗
残りの一本、日本語には『勿体無い』って言葉があって・・・なんて説明をしていたら、タイにも同じ意味合いの言葉があるそうで、なら納得って、結局、彼女は3本食べちゃいました。

恐るべし『べつ腹』って叫んだら、それも同じ意味の言葉があるょって二人して大笑いの夕食でしたにっこり   
Posted by Dora at 23:47Comments(2)TrackBack(0)海の外の生活 

April 13, 2008

カナダ・トロントへ移動

さて、ミルウォーキーでの仕事も無事終了したので、さっさとカナダのトロントへ、郊外にあるローカル色に富んだジェネラル・ミッチェル国際空港から空路で移動します飛行機

日本と同様でこちらでも地方の空港では、の?んびりと時間が流れ、空港内もほのぼのとしいますまる
f98c8f43.jpg


さて、今回は日本には就航していないACのローカルエアラインエアーカナダ・ジャズですOK

搭乗機種は、ウッびっくり カナダ・ボンバルディア社製のCRJ?100ですね注意 ・・・何事もないことを祈りましょうあかんべー

このエアラインには、レッドグリーンイエロー、そしてオレンジと、同じグラフィクスで4種類の色がありますが、今日はレッドの機材でした。
bd8e3518.jpg


機内は4x13の座席配列で最後の列だけ片側がレストルームとなっていて合計50席と小さなジェットですが、この日のフライトの乗客は、私とケサマさんを含めても20人いたかなぁ?と、殆んどガラガラでした。

1時間25分程のフライトで何もサービスはないのかなと思ってたら、しっかりドリンクサービスもありましたにっこり

そして流石に国際線です。
機内ではフランス語と英語でカナダへの入国案内のガイドも流れたり拍手
9366f587.jpg


ミルォーキーも雨でしたが、残念ながらトロントに向う間もずっーと翼の下は雲に覆われていてご覧の通り真っ白寝る
26a1c6ea.jpg


残念ながらトロントの空港も雨でした汗
3b56d423.jpg


空港のターミナルからレンタカーカウンターの並ぶ空港内のパーキングロットへ移動して、早速、予約していたレンタカーを受取り、ケサマさんがシカゴの自宅から持参したナビを車にセットしてトロント市街へ出発自動車ダッシュ

ケサマにどちらが運転するはてなって聞いたら、ジャンケンで決めようってことになって・・・しっかり負けました汗

あぁ?、のんびり運転手付きでトロントの街を眺めたかったなぁ・・・
c02ba08a.jpg


そして初めての街で地図が全く頭に入っていないこともあって、

『Keep right, and turn right on Exit 316 to Spandina Ave』

『Keep left on Gardiner Expressway for 3.6miles』

と立て続けに流れる聞き取り難い音声のナビのガイダンスを、リスニングテストなみに集中してはいたものの・・・、ラジオから流れるFMのDJの話に隣のケサマさんと爆笑したりしていると・・・曲がり角で聞き逃したり・・・

Recalculated

と、何回も嫌味なガイドにケサマさんに苦笑されながら汗、まぁ何とかトロントのYounge STに面したホテルに無事に到着。

荷物を降ろしたら、カナダ=メープルシロップ=パンケーキの私には、先ずはパンケーキOK

コンシュルジュで美味いパンケーキが食べれるレストランを教えてもらい、遅いランチを食べに出発足跡

巨大な皿と皿の間にある黒い大きなボトルがメープルシロップです音符

ケサマさんと二人で夫々シェアして美味しく頂きましたにっこり
25b672bf.jpg


腹ごなしにトロントの街の中を散歩です。
途中で見つけたユニークな建物は、ROMと呼ばれる‘Royal Ontario Museum’
eb4e5b7a.jpg


街中には沢山のマックがありますが、ユニークなのは‘M’のマークの中心にしっかりとカエデのマークが入っていることです拍手
93cae788.jpg


Yonge Stの一角には古い面影を残したところもあって、現代的なミラーガラスで覆われたビルの林立する大都会風な面影のあるトロントの街の風景との対象が面白い街です。
3b02e239.jpg
  
Posted by Dora at 21:04Comments(6)TrackBack(0)海の外の生活 

April 11, 2008

仕事の合間に、ミシガン湖周辺へ

こちらはまだまだ朝晩の気温が零度近く、最高気温も一桁台と寒くて、空も毎日こんな感じにどんよりと曇った日が続きます。

ホテルから仕事先に向う途中に、チョッとホテルから出たところのミシガン湖の湖畔を眺めてパチリOK
87aa4be3.jpg


春になると沢山のヨットやクルーザーで溢れるヨットハーバーも、まだこの時期はガラーンと空っぽ。
a33a0cdd.jpg


普段から人が歩いていないダウンタウンの中ですが・・・・うぅーん人影が見えないなぁ・・・汗
afc2922c.jpg

ac31ee63.jpg


この日は仕事を早くに終えることが出来たので、チョッとシカゴ方面へ1時間ほど自動車ダッシュハイウェイを走り、お気に入りのオウトドアーショップのアウトレットへ。
8852661a.jpg


一人の出張なので、のんびりとしたい日の夜は、やたらと夕食を一緒に食べたがる現地の方々のお誘いを丁重にお断りして、ホテルに隣接のレストラン(と言うよりもバーかなぁ)でこんな類の物で済ませちゃいますにっこり
5b9170da.jpg



前の週に日本で松本城に一緒に出掛けたケサマさんと合流。
ダウンタウンにある彼女のお気に入りのタイ料理レストランで夕食です。
0d63cb3d.jpg


オーダーは全て彼女がタイ語でにっこり

そしてテーブルに並んだ全ての料理は、メニューに無い料理か、メニューにあってもアメリカン・タイ風からタイ人向けのネィティブの味付けし直してもらっているそうで、うぅ?んどれも辛いが美味かった音符
8628eb29.jpg


こんな下の類の料理ばかりを食べていたので、上のトムヤムクン等のスパイシーなタイ料理には、何かとても癒されちゃいましたまる
2c8fbb87.jpg
  
Posted by Dora at 20:58Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

April 09, 2008

だから乗り継ぎは嫌いです(><;

今日から、再び海外逃亡汗

今回の行き先は、前半がミルウォーキィー、後半がカナダのトロントです。

旅費を少しでも抑えたいので、往復で同じ空港からの離発着する便を選択することになるのですが、そうなると、往路のシカゴ・オヘア空港を基点とするか、復路のトロント・パーソン空港を基点とするか迷うところ注意

結局、帰りの疲れたところでトロントから、いつ行っても超混雑のオヘア空港で乗り継ぐよりも、真っ直ぐにトロントからは成田へ直行便で飛ぶことに決定びっくり

そうなると必然的に、行きはわざわざシカゴを通り越して、カナダのトロントまで行って、そこで乗り継いで、再び五大湖のヒューロン湖、ミシガン湖を横断して戻ることになりました悲しい

さてそんな行程で先ず、成田空港に行くNEXがしっかり遅延。
普段だとチャッカリ展望席からのんびりと離発着する飛行機を眺めていたりするのですが、今回は搭乗まで時間が無いにもかかわらず出国審査も長い列・・・汗

そして搭乗ゲートも最も遠い場所で、最後は走るダッシュ
そんなこんなで、今回利用したエアーカナダのB777?300ERの写真を撮り損ねちゃいました汗

まぁ、トロントに到着してから・・・なぁ?んて考えていたのに、トロントでも乗り継ぎ45分前に到着悲しい

またまた遠い場所にあるアメリカへの乗り継ぎの為の入国審査場まで、12時間近く飛行機の中で半分徹夜状態でボーっとしながらも走るダッシュ

米国に入国する人の預けた荷物だけが出てくるターンテーブルの前で待つこと30分。 なぁ?んと預けた荷物カバンが出てこない・・・・汗

もぅ一人、同じAC002便から乗り継いで米国に入国するニュージャージーの女性の方と「もぅ間に合わないびっくり」とカウンターに
「タグ#から早く探して流してくれ怒」って怒鳴り込み、係りの方も事情を察してトランシーバーや電話でどこかに依頼を掛けていると・・やっと私の荷物「だけ」がターンテーブルに流れてきましたチュー

もぅ一人の彼女は、結局、自宅の住所を伝えて、身体とは別の便で荷物を送り届けることにしたようです。(まぁ、良くあることですが・・・)


さて、行きのゴタゴタは、これでは終わらず・・・・

やっと荷物を手にして米国への入国検査へ。
搭乗ゲートが閉まるまであと10分汗汗

なのに審査官がパスポートを見るなり渋い顔付きに・・・困った
そしていきなり・・・・

『なんで、このI?94Wの出国記録カードがここに残ってるんだ怒びっくり

と指摘されてしまいました。

いやぁ?、正直、私も昨年に米国から帰国した際、あれ・・・出国カードが何でパスポートに付いたままなのはてなと不思議に思ってましたが、まさか指摘されるとは・・・。

『そんなもん、前回、出国する際にオヘア空港の職員が取り忘れたからだろびっくり

って、そんなことより、早くハンコを押して入国させてくれないと乗り遅れてしまう泣く

が、そんな返事がお気に召さなかったのか暇だったのか、その審査官は違う書類を持ち出して、

<太>『出国カードの提出は、お前の義務怒びっくり
『ここをちゃんと読め怒る怒びっくり


と、太い指でドンドンとカウンターを叩きながら怒鳴られちゃいました寝る

ここは良い人にならないと、まだまだ続いちゃいそうなので・・・

『次回から注意をして必ず返却することを確認するからあかんべー

って丁重にお答えして何とか入国審査をパス。
トロント空港の出発フロアーに戻る為、ヤバイ乗り遅れるとマジで走りました走る

出発ターミナルに入り、乗り継ぎのUA便の搭乗ゲートを確認する為、案内ディスプレーを覗き込むと・・・・ショック

『キャンセル』

の表示が・・・。

ここで、ドッと疲れが困った


さてヤバイ、搭乗締め切り間近に気が付いたってことは、他の人々は既に後発便への乗り換え手続きを終えてしまっていて満席だろうなぁ・・・・

と、出発フロアー内にあるカスタマーサービスカウンターに急ぎます走る

で、そこで再び驚くことが・・・・。

カウンターの女性からは、

『このサービスカウンターでは、エアーカナダへ搭乗される方だけをサポートしていて、UA便の方は、直接、搭乗カウンターで対応してもらってくれびっくり

おぃおぃ、同じスターアライアンスだろ怒るって文句を言っても始まらず、再び出発便の案内表示を見て、UA便の搭乗を行っているゲートを探します。

最初に行ったゲートで係員が来るのを待っていると、同じようにUA便への乗り継ぎの手続きをする人が集まってきて列をつくり始めたので、これなら大丈夫そうだと待っていると、30分ほどしてやっと係員の女性が二人現われると・・・ヤバイびっくり ユニフォームがエアーカナダだショック

案の定、私の前の人がUA便の変更を依頼してると、

何やらブツブツ言いながらキーボードを打ち込むものの・・・仕舞いにはマイクを手にして・・・

『ここでは、UA便の手続きは出来ませんびっくり

『UA便の変更については、サービスカウンターへ行ってくださいびっくり

とアナウンスを始める始末困った

おぃおぃ、サービスカウンターが対応しないから、ココに来たんだぞと思いながらも、彼女たちには何も出来ないだろうから、サッサと次にUAの職員がいそうな搭乗ゲートを、再び出発便の案内を確認して移動。
よりによって、ターミナルの端から端に歩く走る羽目になりました。

そして、その搭乗ゲートでやっとUAの職員を発見注意
搭乗便がキャンセルになった旨を告げ、シカゴへの一番早い便へ振り替えてとお願いするも、平日の夜でどの便も既に満席汗

やっと2時間後の便に振り替え完了まる

後は、米国に入国した時に再び預けた荷物が、搭乗便がキャンセルになったので迷子状態だろうから、再びラゲージクレームのカウンターに行って、乗り継ぎの変更した便の番号と荷物のタグ番号を告げて、何とか同じ便に乗せて欲しいと探してもらいましたOK

そしてお次は、電話でシカゴへ迎えに来てくれるミルウォーキィー近郊のシャトル会社へ事情を話し、空港への迎えに来る時間の変更手続きをしたりして、やっと乗り継ぎ便に乗ってシカゴに到着したのは、成田を出発してから19時間後、現地時間で21時過ぎでしたアウト

やっぱり、気楽な直行便が良かったかも。

※トロントまでのACのB777?300ERは、機材も新しく快適でした。   
Posted by Dora at 23:59Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

April 06, 2008

シカゴからの友人と♪

旧友のケサマさん(バンコク出身)と今回が二回目に会うことになるカルロスさん(生粋のシカゴ生まれシカゴ育ち、両親がメキシコシティーからの移民でバリバリのスパニッシュのバイリンガルOK)が、インドネシアへの出張ついでに、仕事「もびっくり」兼ねて無理やりシカゴに戻る際に成田空港内のトランジットだけではなく、初来日飛行機してもらいましたにっこり

無理やり誘っただけに天気が心配だった日曜日、週間天気予報では曇りがちな予報だったにもかかわらず、当日になってみればこれ以上は望めないほどの快晴太陽OKになりました。

朝8時過ぎに宿泊先の横浜みなとみらいのパンパシフィックホテルで二人をピックアップ、首都高から保土ヶ谷BP、そして東名高速と渋滞が始まる前に足柄SAまで移動自動車ダッシュ

まさか日本のスタバで顔をあわせて話が出来るなんて!と感動しながら、朝から全開&超ハイテンションの三人にっこり

先ずは日本人の愛する富士山山の雄姿を見せようと御殿場ICを降り、FISCOの横を抜けて明神峠を抜けて三国峠へ自動車ダッシュ

彼らの住んでいるシカゴのあるイリノイ州は、別名プレーリーステーツと言われるだけあってどこに行ってもフラットな土地だけあって、ケサマさんとカルロスさんは、あまりの急勾配とクネクネに大騒ぎ音符

そして三国峠で一気に開けた視界の先に広がる山中湖と富士山山の景色にも大騒ぎ。
e2392109.jpg


山中湖まで下り、湖畔でもパチリ。
3009d060.jpg


いやぁ?、ホントに彼らにとっても私にとっても最高の行楽日和となりました。



松本市街で昼食にしたいので先を急ぎます自動車ダッシュダッシュ

東富士五湖有料道路から中央高速・大月を経由して、満開の桃の花と桜の花でピンク色に染まる甲府盆地の景色に再び感激したり、青空をバックに真っ白にまぶしく輝く雪をかぶった八ヶ岳や南アルプスを眺めながら快走して諏訪SAでも一息まる

そして、松本ICから一般道におりて市街に入った時は、ちょうどお昼となりました電球

先ずは腹ごしらえで、松本での食事といえば私のお決まり 木曽屋 さんへ。
この木曽屋さん、店の中も民芸調だったこともあって、初来日の彼らにとってはポイントが高かったようです。
c0a5cdf0.jpg


いつもの田楽定食、馬刺し、ドジョウの柳川、わさびの花のおひたし、ふきのとうの天ぷら、湯葉のお刺身と、日本人の目から見てもド・日本食!
908de686.jpg


日本食はシカゴで日頃から食べているといっても少々食べなれない料理でもあり、彼らの口に合うか心配でしたが美味いといって完食でした。
1d4ce45b.jpg


さてお腹も一杯になったところで、お目当ての松本城に足跡
6e920984.jpg


場内の桜はほとんどがまだ蕾でしたが、しだれ桜や梅が満開で目を楽しませてくれました。

日本で4箇所のみの国宝の天守閣のひとつで、唯一東日本にあるのが松本城。
修繕が何回かありましたが、基本的に400年前の姿を保つ城の中に入り、急な階段を上がり下がりして彼らも日本の城を満喫したようです。
f972c6d1.jpg



お次は、諏訪大社に向かいますが、途中、松本IC近くの和菓子屋さんで“どら焼き”とかをパクついてましたOK

一気に諏訪ICまで戻り、諏訪湖の南北で計4つあるお社の中から、諏訪大社上社本宮へ。

ちょうど神主さんが本殿で儀式をしているところで、興味津々で見た後、しっかりと一礼二拍手二礼。
87428e90.jpg

30d45a92.jpg


杉の大木が林立する静かな中、おみくじを引いたり、お守りを買ったり。
東照宮や浅草寺とは違った、静かな日本の神社を味わってもらいましたOK
318e3b22.jpg



その後は、往路と同じコースを戻ります汗

途中、東名高速で秦野・中井ICから先が渋滞20kmショック

ちょうど夕食時になったこともあって、一般道に下りて地物ネタが豊富で評判の大きな回転寿司で夕食笑顔

ここでは、回ってくる寿司もさることながら、ちょうど座った席の前に板長さんがいて、その方が片言の英語を織り交ぜながら寿司を握るもんだから、二人も絶好調音符

夕食を終えると、既に高速の渋滞も海老名SA前後に数kmまでに解消していて、横浜のホテルには22時前に戻ることが出来ましたOK

二人を下ろして再び首都高→保土ヶ谷BP→そして東名高速と走り、自宅に戻った時には、走行距離が720km自動車ダッシュびっくり

距離を走った疲れよりも、素晴らしい富士山の雄姿や好天の中で松本城を見せることが出来たことに、とても感謝した一日となりました。
天気だけは、どうすることもできないですからね笑顔  アッびっくり どうにかしてしまう方もいるようですが・・・汗   
Posted by Dora at 23:59Comments(6)TrackBack(0)

April 05, 2008

久々のペケで桜前線チェック♪

9日からの国外逃亡のパッキングもしなきゃいけないけれど、窓の外は太陽びっくり

今日の昼間に片付ける用事が昨日のうちに片付き、土曜日の日中3時間ほどでしたが、何と一ヶ月振りにペケに乗る時間がつくれました祝 クラッカー


3時間だと箱根かなぁ?何て考えたりもしましたが、海外からの友人達と明日ドライブに行く際の桜前線チェックで、混雑してるだろう湯本方面をパスして、サーさんのブログに3?7分咲きと書かれていた御殿場へ直行することに。

パパッ走ると身支度を整えて出発。自転車ダッシュ

R246は既にノロノロ状態だったので、渋沢方面から小さな峠を越える裏道で御殿場IC横へ抜け、そこから山北方面へ。

R246から左手、一段低い所にある御殿場線の山北駅周辺は、満開の桜でピンク色に染まってびっくりいたので、チョッと寄り道にっこり
3f0d5d65.jpg


既に満開を過ぎ、ピンクの花びらが散り始めてはいますが、まだまだ見頃です音符
bb0687ae.jpg


御殿場線が来るのを待ち構えるカメラマンの方も沢山いたので、近くにいたJRのジャケットを着た交通整理の方に電車の時間を聞いたら、何と45分も後だったのでパスダメ

ローカル線の土日の日中は、そんな間隔での運行なんですネ
・・・実は乗ったことがないんです・・・御殿場線。

今度、乗ってみるかなぁ?音符
7d411b73.jpg


さて、あまり時間が無いので先を急ぎます汗

次のチェック場所は、やはり見事な桜で有名な富士霊園。 
途中でこんな所に寄り道したりして・・・笑顔
be80bebd.jpg


まぁ直ぐ隣だから、時間のロスにはなりません。
その富士霊園の桜、正面から奥に向ってズーっとのびる広い直線道路の両脇に延々と続く桜並木も全体が濃いピンク色に変っていたものの・・・どれもまだ‘つぼみ’のままチュー

見頃は来週の週末ぐらいからかなぁ・・・、残念ですが、明日には適当ではないですネ。


さて、御殿場市内が7分咲きなのかなぁ?ってことで御殿場市内へ。
確かに、ちょうど5?7分咲きでしょうか音符

さて、戻る時間も迫ってきたので、チョッと走ろうと乙女峠に向う途中の深沢の交差点を右折、久し振りに長尾峠までを何回か往復して、途中のお茶屋さんの駐車場でパチリ。  
845c0192.jpg


さて楽しい時間はアッと言う間に無くなり、御殿場ICからは東名でパパッと帰宅。

高速を下りて帰宅の途中、桜の木で薄いピンク色になった山の上と、河川敷に見事な桜並木のある二つの会場でも桜祭りをやっていることを思い出し、河川敷会場に音符

地元のは、既に散りはじめてましたが、まだまだ明日までなら見応え十分OK満開音符
cd7d0c9b.jpg


明日の観光では、チョッと地元に立寄るかなぁ・・・自動車ダッシュ   
Posted by Dora at 22:00Comments(8)TrackBack(0)バイクのある生活