September 24, 2005

朝帰り?☆

昨夜は睡魔に勝てず撃沈ZZZ

今日は、姫が朝9時からアルバイトだとか・・・・。

オイオイここ所沢から神奈川の西部まで車で帰るのには、最低2時間半は必要だゾびっくりって、呑気にまだ寝ている姫ZZZと巻き添えの二人の王子カエルを6時にたたき起こし、実家を出発 家 自動車ダッシュです。

新青梅街道から環八までは、スゴイ土砂降りクジラで道路で泳ぐるのか・・・と思うほどの水溜りも魚

そんな天気が幸いしたのか用賀まで、た・い・し・た・“大”混雑もなく(相変わらず渋滞はしてますが)東名高速に。  川崎IC辺りまでくると雨も殆ど小降りとなり追越し車線を快走。

ところが全て都合良く進むことはないもので・・・、こんな朝から厚木ICの先は事故で11kmの大渋滞悲しいで、多くの車が小田原厚木道路やその側道、そしてR246で事故の先にある秦野・中井ICを目指す為に下道は結構混雑。 でも厚木は庭みたいなところなので裏道
を駆使して無事に8時半に予定通り帰宅。OK

今は、人間巨大スピーカーである我家の家内音量宇宙人も出掛けてしまい音符拍手雨も降っていることもあって、静かにのんびりとした休日を楽しんでます祝

たまにはこんな日あっても良いですねラブ

  

Posted by Dora at 12:50Comments(1)TrackBack(0)

September 23, 2005

久し振りのXJR(ぺけ)♪

音符この三連休、今日・金曜日だけが太陽マーク。

それならば三週間ほど乗っていなかった“キラキラぺけキラキラ”に乗らないてはありません。
でも今日はお彼岸で、所沢にあるお墓へ墓参にも出掛けなくてはならないので、使える時間は昼過ぎまで悲しいなので、いつものお散歩コースの箱根に出発です。

今日は午前中に箱根へ上がり下るコースなので、渋滞を避ける御殿場→箱根湯元への道順で抜けます。 (午後はこの逆がお薦めですOK

途中、のどかな風景の中井から大井松田へ抜ける地方道77号線で、前にダンプと軽乗用車のノンビリ車に道をふさがれてしまったので、この先、大井松田まで適当にカーブが続く道を楽しむ為に車間距離をあける目的で道端で小休止ペンギン

5c9fad40.jpg


パチパチと写真を・・・。   続きを読む
Posted by Dora at 23:34Comments(3)TrackBack(0)バイクのある生活 

September 18, 2005

快晴のWisconsin☆

無事に仕事も終え、滞在も昨日で10日困ったになるので直ぐに帰国飛行機 国旗することにクラッカー

で、荷造りカバンを終えて翌朝目覚めたら、そりゃぁ?もう抜けるような青い空が広がっているではないですか太陽
7936b303.jpg


午前11時にはシカゴのO'Hare空港でチェックインを済ませたいので、9時にはこの田舎町を出発です。 

その前に周りの景色を撮影にウロウロ走るしてみました。
eb6e7d10.jpg


先ずはお世話になっていたホテル。
通常は街側の部屋が$98-でハーバー側が$110-程度からの料金ですが、現地の会社が法人契約で一泊$79-(街側)と安価で泊まれて経費お金を安く上げられて助かります。
d573e487.jpg


この後、Interstate Hwy94号線を南下車ダッシュ、無事、11時にはチェックインOKを済ませましたが、搭乗開始の13時になってもまだゲートは閉じたまま。
アナウンスでは食事の到着が遅れているようで、14時間のフライトをミール無しでは困るので誰も文句を言わずに待って、やっと30分遅れでUA883便飛行機のB777?200に搭乗。 今日はビジネスもコーチも満席で、繰り返し席の変更に融通がきかない旨のアナウンスが。  私は今回2列席の通路側で且つ一層足元の広い壁の前なので足を伸ばし放題で快適です。

予定通り14時にはドアがクローズされプッシュバックとなり、タキシングを終えて滑走路にてランディングの開始位置にホールド、エンジン音が高鳴り滑走開始か・・・・ありゃりゃりゃりゃりゃ・・・・注意、エンジンを絞って滑走路から外れタキシーウェイへ出て行くではありませんか困った

早速機長から、左エンジンの圧力が上がらず、テストをしてから再度テイクオフをする旨のアナウンスがあって、滑走路が確か6本ある広大なオヘア空港の中を延々とタキシングをしてエンジンのテスト場所へ。

テスト場所に到着すると、停まったままで巨大な推力力こぶのエンジンを全開にしたり戻したりの繰り返しをしているらしく、あの滑走開始直後の物凄い轟音と振動が飛行機全体を揺らします雷

20分ほどやってましたか・・・、その結果は、このままでは離陸できないのでゲートに戻って修理アウトが必要とのことで、またユナイテッドのターミナルまで戻るはめになりました悲しい

既に搭乗してから1時間半を過ぎてましたが、こちらではまぁ良くあることで、機内も騒いでも始まらないと言った雰囲気で静かに時間だけが過ぎていきます。
私も乗り継ぎがあるわけでもないので、のん気に新聞や小説を読みうつらうつら。

搭乗してから既に3時間が過ぎて16時半もまわり、機内ではシンガポールやバンコクへ成田で乗り継ぐ人達への他の便への変更可能な旨のアナウンスが流れ始めた頃、ようやく修理が完了。 予定よりも3時間半遅れのテイクオフとなりましたすいません

時間を稼ぐ為にか普段に比べてかなり北よりのルートびっくりで、北極圏に入るぎりぎりをアラスカのフェア?バンクスの町も遥か遠く南に見ながら飛行。

カムチャッカ半島なんてぎりぎりに飛んで、ロシア軍の戦闘機でも飛んでくるんじゃないかと思うほど注意。 

それでも成田空港にはB滑走路16Lにランディング。 と今度はB滑走路を出たところでノースウェストの出発機とお見合いとなってUターンしてB滑走路の34Rにまで戻り、ノースウェスト機にタキーシーウェイを譲るおまけ付きで、ゲートに19時に到着拍手

さて最後は、今朝のミシガン湖、青い空を反射してキラキラ真っ青に輝いてキラキラました。

下の“続きを読む”をクリックすると画像が出ますすいません  続きを読む
Posted by Dora at 11:20Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

September 17, 2005

今日はMilwaukeeへ♪?3

少々モールの中を見て回ったけれども、特に欲しい物も無いのでミシガン湖の湖畔へ入ってみました。 と言うのも昨日今日ととんでもない陽気太陽で、NEWSによれば、1940年代に記録をした9月の最高気温にあと1F の93F(約32?33℃)を記録。

いつものこの季節は、最高気温が22?23℃程で朝晩は12?13℃が普通なので、それはもう暑いのなんの。 逆に昨日のChicagoでもそうでしたが、最後の真夏の陽気をみな楽しんでいるようです。  しかし・・・・ホントにこれが真水の湖だなんて信じられない景色です。魚
20416372.jpg


ホテルに戻る途中で日本では見ることの出来ないMidwest 航空の機材を見にMilwaukeeのMitchell Int’l 空港に立ち寄りました。

以前から米国国内の国内線を利用する時に住んでいた所から近かったのでマイカーを空港の駐車場に入れて良く使っていましたが、久し振りの立ち寄りです。キラキラ

此処では、ロードサイドにパーキングが用意されていて撮影飛行機の為にフェンスに穴が一定の間隔毎に開けられていて、且つ管制塔と航空機との間の交信が周波数が表示してあって、その周波数も無線機電波が不要でラジオで聞けるようになっていますので、次にどの機がどのような動きをとるのかが逐次把握できます。
79bbba05.jpg


他にもこんな変わった機材も・・・・。
  続きを読む
Posted by Dora at 22:32Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

今日はMilwaukee♪?2

しかし、Milwaukeeはいつ来てもまるでゴーストタウンのように街中に人の姿がありません。 街並みもChicagoとは明らかに違い、ドイツ人が多く入植した関係でかなりヨーロッパの雰囲気が漂います
dddbfcc8.jpg

a43eb735.jpg


昼食を食べていなかったので・・・・。
  続きを読む
Posted by Dora at 22:28Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

今日はMilwaukee♪-1

今日は正午までホテルの部屋で仕事の整理をしてから30マイルほど北にあるMilwaukee自動車ダッシュ

ホテルを出ると直ぐにハーバーに注ぐ川をヨット船が通過して行く為、道路がせり上がるところに出くわしました。 5分ほど待ってやっと橋も元に戻り、ゲートが開くやいなや皆一斉に走り出しました。
cf735147.jpg

149ab45e.jpg


しばらくは前述の地平線の先まで直線が続く田舎道を70マイルほどのスピードで北上していきます。 自動車ダッシュダッシュ
f99465d1.jpg


途中でInterstate Hwyに合流して間もなくMilwaukeeの町並みが視界に飛び込んできます。
a522b6b3.jpg



  
Posted by Dora at 22:21Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

September 10, 2005

シカゴのダウンタウンへ?3

この記事は、システムの制約上、1?3に分けて掲載してますので、下の1から順番に読んでくださいすいません

さて、この高層建築巡りをした後は、シカゴ美術館だとかNavy Pierなどをブラブラしていて時間が遅くなってしまい、明るいうちにホテルには戻りたいので帰途につくことに。

先ずは、ミシガン湖に沿ってLake Share Dr.を北上します。

此処は湖畔に真っ白な砂浜が広がり、最後の夏の陽気をみな思い思いにエンジョイしていました。 が、・・・これって・・・船船注意どう見ても海で、とても真水の湖とは思えない。
4619ae41.jpg


その後は、道幅も広く車線の数も多くて気楽に走れるInterstate Hwyをひたすら北上自動車ダッシュダッシュ
また、こちらではオートクルーズが日本とは違って速度制限無しに作動してくれるので、80マイル(約130km)でも緊張感がありません。
d8f6fa05.jpg

dc9bb766.jpg


illinoi州からWisconsin州に入り、一般道に下りると周りの景色も馬牧歌的馬に変わり、まるで北海道のようで、さっきまでの都会ビル学校の景色とは対照的です。
07c4a01d.jpg


無事に日没前の6時半過ぎにはホテル家まで戻りました。
写真はホテルに併設されているカジュアルレストランジョッキとホテル横のヨットハーバー船です。
57da8a41.jpg

  
Posted by Dora at 20:55Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

シカゴのダウンタウンへ?2

シカゴの街中は、高層建築が豊富です。
先ずは、高さが443mで世界第二位の高さを誇るSears Towerーで110階あるそうです。 
46db9178.jpg


次にシカゴで高いのは、このJohn・Hancock・Centerで、100階建てで343m。
58b310bd.jpg


そして第三位は、AON Center(旧アモコビル)で346m、80階建てです。
0e358b29.jpg


2fa2cc94.jpg


竣工は全て1960?70前半なのには驚きです。
日本での最初の高層ビルは、確か36階建ての霞ヶ関ビルだったと思いますが、1970年後半だったのでは? 

これもシカゴでは有名なビルの一つで、Marina Cityと呼ばれる複合ビル。
高さは60階建てで168mですから、ほぼ横浜のランドマーク程度でしょうか。
上層40階分が住居、その下にランドリーとか倉庫室などのユーティリティー層があって、低層の18階までが駐車場と厳しい冬の間にマリーナからヨットを格納しておく倉庫となっています。
8bd28236.jpg


  
Posted by Dora at 20:47Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

シカゴのダウンタウンへ

3時過ぎには時差ボケで目覚めてしまった落ち込みので、少々仕事を片付けるかぁ?とPCに向かっていたら、あっという間に7時過ぎ。  慌ててブログの更新をしたり、家族と電話で話したり笑いしている間にお日様も高くなり9時過ぎになってしまいました。

ほんとはこの週末には、Milwaukee郊外にあるHarley-DavidsonやBuellのエンジン工場見学ツアーを予定していたんだけれども、残念ながら週末はお休み悲しいでした。

ここミシガン湖の湖畔では、この時期にしてはめずらしく温度・湿度が高くムッとする南風が吹いている影響で、視界も抜けるような澄んだ感じではいのですが、あまり時間的にも遠くまで出掛けられないので、近場で何処へ行こうか思案した結果、久し振りに約100マイルほど南にあるシカゴ自動車ダッシュへ出掛けることにしました。

シカゴは、今ではアメリカでNYとLAに次いで三番目に人口の大きな都市で、穀物や金融先物取引相場を牛耳るCBOT(シカゴ商品取引所)などで有名ですが、以前はマフィアのアルカポネの本拠地で有名な都市でしょうか。

先ずは日本では大好きだったのに数年前に急に撤退してしまったBURGER KINGのドライブスルーで、スニーカーと同じぐらいのサイズの巨大なチキンバーガーと、これまた1.5Lは余裕で入るであろう巨大なダイエットコーク(こちらではカフェインフリーもチョイス出来ます)を確保してInterstate Hwy94号線に合流して、ひたすら南下していきます。Interstate Hwyは、日本では東名や名神等の高速道路に該当します。

このHwyは、イリノイ州では有料になって、頻繁に75セントを支払わなければならないので、州境からは無料のState Hwy41号にてシカゴを目指します。State Hwyとは日本での国道のバイパスのようで、立体交差もあったり信号信号も途中にあったりします。

1時間半ほど走り続けて行くと、遠方にシカゴの摩天楼ビル学校がうっすらと見えてきます。
771bb0e4.jpg


そこからは15分ほどでダウンタウンに入れますが、さすがに都会だけあって車の数も人混みもそれなりにあります。 それでも人口は280万人ほど。

d4c3504f.jpg


目の前の高架は、シカゴのダウンタウンの中を山手線のように一周しているためにLOOPの 『L』 の愛称で呼ばれるシカゴの高架鉄道で、郊外から複数の路線が乗り入れていますが、山手線ほどの大きな輪ではなくて、一周しても僅か1.6マイル(約2.5km)ほどです。 そしてこの高架鉄道の内側がLOOPと呼ばれるダウンタウンです。
頭の上を鉄道が走っている時の音はすさまじい騒音です。

32726a8b.jpg


7cb96a20.jpg


また、映画のカーチェイスシーンでも良く見掛けるのがこのループ下の一方通行です。
5ee00b02.jpg

  
Posted by Dora at 20:29Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活 

September 09, 2005

Oops!!

いやぁ?、毎日ドタバタしていて暫くUpdate が出来なかったなぁ?悲しい

実は今は・・・・・、一昨日(日本時間では3日前かなぁ?)から出張で再びシカゴに今年三度目の海外逃亡中です。

なのに前述の通り貧乏暇なしのドタバタで、残念ながら11日の総選挙の不在者投票にも行けず仕舞いで来てしまった困った

さてさて、今回は飛行機 成田空港 飛行機 からの出発でした。
そこで搭乗手続きを終えてからは、いつものように、にわかスポッターに変身宇宙人

早速、倉庫前に駐機中のキラキラB747?400Fキラキラを発見。  この機材は、昨年相次いで日本航空に2機が導入されたうちの1機で、最大離陸重量が約400トン〔貨物は約130トン〕にも至る最新鋭の輸送機です拍手

f9e481ed.jpg


その奥には、ノースウェスト航空のB747?2J9F(200Fの類)が駐機中で、同じポリッシュドスキン仕様でも両機の輝きの違いから、新旧がわかります猫

そこへノースウェスト航空の新塗装をまとったA330?200が到着。 
この機材は昨年の夏から成田?ソウルなどのアジア路線と太平洋路線(A330では初めての太平洋横断の機材)としてデビューしてますね。 時間的にはソウルなどのアジア路線便のようです。飛行機

7dc37ce6.jpg


で、私はNWではなく、前回、5月と同様にユナイテッド航空を利用して、シカゴのオヘア空港まで11時間半のフライトで到着。

そこから車で2時間ほど走り自動車ダッシュ、直ぐに会議を無難こなして炎から現地の仲間とワイワイと晩餐グラス。  何とも厳粛なイタ飯屋だったので写真は無しすいません

さて、今日は仕事を終えてから周りを散策って・・・・言っても、小さな街ですから特に何かエンタテーメントな場所があるような場所ではありません。

ad36c7d6.jpg


対向車線にハーレーが・・・、以前にも書きましたが、この街からハーレーダビットソンの本社工場のあるミルウォーキーまで車で一時間ほどと近いので、ハーレーが沢山走ってます。

街の中心部から15分も走ると、直ぐにこんな景色になってしまいます。馬
道路は視界の続く限り直線・直線・直線で地平線に消えていきます。
be783210.jpg


スピードメーターは、70マイル(112キロ)を指してます。
いつもハンドルを握り始めてから半日ほどは、こんな普通の対向車線の道路を時速100キロ超のスピードでかっ飛ぶ注意状況には戸惑いますが、周りから人が飛び出すような場所ではないので、直ぐに慣れてしてしまいます。
 (だって片手運転での撮影ですからすいません

話が変わりますが、こちらでは国旗が愛されていて、至る所で星条旗が掲げられ、車でもバイクでも多くの人々が星条旗をなびかせながら走っています。
途中、典型的なパターンを背景に今回のレンタカーをパチリ音符

0a390392.jpg




  
Posted by Dora at 20:54Comments(0)TrackBack(0)海の外の生活