August 09, 2006

万座温泉と草津温泉-1

夏期休暇中の8月9?11日に、姫女の子と王子男の子男の子二人、そして両親の6名で万座と草津の温泉に出掛けてきました譜面
※家内は来週から夏期休暇なので留守番です。

出発時点の朝5時半過ぎは、台風7号が伊豆半島沖を東北東に移動中でしっかり土砂降り状態困った

国土交通省のドップラーレーダー画像によると目的地周辺は台風の雲の北端よる僅かに北になっていて、関越自動車道を北上するうちに回復するようなのでガッツを入れて出発です。

予想通り、上信越道に入り富岡付近ですっかり雨もあがり空には青空が見え、最初の休憩場所の横川SAでは真夏の太陽太陽が顔をのぞかせるまでに回復拍手

碓井軽井沢ICで高速と別れ軽井沢駅前を経て賑やかな軽井沢の市街を通過、閑静な旧軽井沢の別荘地を抜け白糸ハイランドウェイと呼ばれる有料道路で北軽井沢に向かう途中で休憩をかねて白糸の滝へ。

この頃になると台風一過で澄みわたったOK真っ青な空から真夏の太陽太陽が痛いほどに照りつけるようになりました。

d0471e73.jpg


4a41a044.jpg


そのまま北上して、直ぐに浅間山が一望できる鬼押出し園へ。
今日は残念ながら山頂付近に雲が残っていて噴煙が見えませんでした。
お決まりの集合写真をパチリ。
流石にお盆休み直前なので観光客もまだまだ少なく、のんびりと遊歩道を歩く事が出来ましたペンギン
8e2f5a48.jpg


昼食を済ませた後、一気に北上。
一度、R144に合流した後、万座ハイウェイで今夜の宿泊場所の万座温泉温泉へ。 

万座温泉についてから“空吹き”と呼ばれる硫化水素水蒸気の噴出し口や湯畑を見学に少々散策。 写真は空吹きです。
f2874306.jpg


でも直ぐに温泉に入ろうってことで5時には宿泊先へ。

下の写真は、先ほどの空吹きも見渡せる部屋の窓からの眺めですOK

このホテルには、男女別内湯と男女各二つ露天風呂があり24時間入湯できましたまる

更に混浴露天温泉風呂も一つあり、我々の部屋からその混浴女の子男の子露天温泉風呂が半分見えてましたょ?びっくり
下の写真でもオヤジが二人、混浴露天風呂に入っているのが写っちゃいましたすいません
8e8cab81.jpg


しかし標高が1800mを越えているので、気温も日中が20?23℃、日が落ちると15?16℃まで下がり下界の30℃を越える猛暑が嘘のようでした。

Posted by dora at 23:39│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yg8m/1602339

コメントする

名前
URL
 
  絵文字